主婦が気になるニュース > 気になるニュース > 築地から豊洲へ市場移転問題、ぞくぞくと

気になるニュース

築地から豊洲へ市場移転問題、ぞくぞくと


小池都知事と築地市場の豊洲移転は待ったを掛けた方が良いのだという宇都宮さんが色々お話されてたのは、小池氏が東京都知事になりたてだった頃でしたね。あれはシュールな映像でした。
2016年11月に予定されていた市場の豊洲への移転は延期されました。

豊洲市場の建物の地下の盛り土が建物の下に無いよ問題に始まり、建物の下に地下水が溜まっている問題とか続々と問題視されていて現在は責任の所在問題にまで広がっています。

現在の築地市場の土壌や水たまり地下水の水質検査と豊洲市場の水質検査を比較してみたのでしょうか?
安全安全と安全最優先だったら、そういう安全基準の数字の比較が最初じゃないの?と思いました。
(数値は見ることができます。調べてみてね。ありますから。)


環境ホルモン(いろいろな物質があります)、放射性物質のひとつであるセシウムとか、民放が特集をする度に庶民は大騒ぎしてきました。
ぼちぼち都民はこの豊洲市場問題に関するワイドショーには飽きる頃では?(数回見ましたが、個人的には見る価値は無いと感じた)
そんなこと(ワイドショー)はどうでも良いんですが、これだけ事が大きくなってただでさえ予算が膨らむ築地市場から豊洲市場移転でしたが、脹らんだ予算に見合う何かが解決されるのでしょうかねぇ。
責任追及と移転できるようにする為の安全対策工事は同時進行しなきゃならんのではないの?
責任追及ばかりしていても都民にとっては意味なーし。
市場関係者は混乱しまくって動きが取れない状態のようです。盛り土より経費が嵩んでまんがな。

地下水が溜まる事が問題だったら濾過排水ポンプと空気清浄して外に排出する換気システムをつくれば?と、まああたくしは主婦ですから単純な事しか思いつきませんが、そう思います。
専門者会議ではどうのこうの、都の職員はどうのこうのは庶民にとってはどうでも良いお話でございますのよ。
我が家の町で井戸を掘ってみようか?地下水は飲めませんとのこと。そらそうですよね(笑)
それでも築地市場よりマシだそうですよ。

うだうだ文句を言ったり犯人捜しばかりやってるのを見ているとうんざりするんです。
都庁の事務方さん方の仕事についてはそれなりに内部での教育がなされれば良い事で、さらし者にしても何の解決ににもなりませんがな。それよりも「先ずはさっさと動けや」とつい言ってしまいたくなる主婦でございます。

「ぼーっと突っ立ってると馬を繋がれるぞ」古い人はそう言うものです。

時間は止まっちゃおりませんよ。2020年OlympicParalympicsはもうすぐすこまできてまっせ。
(2016.10.7)

追記)
オリンピック競技会場についてもミキサーにかけちゃったんですねぇ。小池様。
いやはや何とも・・。
巨額な資金がまわりまわってどなたかはわかりませんが政治家のポっけに入るのは良くありませんよ。そりゃ。
けれども予算を削減するにあたって安い金額で工事をやれという事になると、請負はまだしも丸投げされたその下の下、所謂下請け業者にしてみたら涙ものですな。
巨額な資金が巡りさえすれば良い経済の循環につながり、ひいては都民の生活に係わってくるサービスというものにも充当される事になるんじゃないのかな?
とかね、一主婦は思いましたよ。
削減すればよいってだけでは結果マイナスな事も多々あるかと思いますわ。
(2016.12月)
br_banner_himawari.gif
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
子供02.jpg

主婦が気になるニュースのトップページに戻る

<<東京オリンピックに向けて英会話を学ぼうってか? | 主婦が気になるニューストップへ | 〇〇大賞続々と>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa